ギターの構えを考える-2

左足を足台に置きギターの窪みをそこに合わせるフォーム(所謂クラシックギター・スタイル) 左足でボディーを乗せ、右足のももでボデーの下部を支えて、右腕で軽くボディー押さえ、鳩尾あたりに軽くもたせかける、ガットギターでもっとも安定したフォームです。 最適なギターの傾きは体格や腕の長さで異なりますが、ポイントは左腕を最も自由に動かすことが可能で、両手首に負担が掛けずに弦に対して指…

続きを読む

ギターの構えを考える-1

楽器を弾く場合、普通その楽器に一番合った構えをとって弾きますね、 ピアノのように大型の楽器では、椅子の高さを調整するなど演奏者自体の位置を調整します。 バイオリンでは楽器を首で挟んで構えるという特殊な方法をとりますが、あれ以外の構えのスタイルは大道芸の曲弾じゃないかぎり考えられません。 ガット・ギターの構えはどうかというと、窪んだ部分を右膝に置く、あるいは左膝におく、ストラップで下げる…

続きを読む

バランス良くギターを習得する事の勧め

  ○そんなに複雑なフレーズが弾けるののに、何故リズムを外すのですが?   ○演奏が硬いですね、もっとグルーブを感じてください・・・   ○フレーズの途中でコードが変化しているのがわかりましたか?   ○バッキングの変化に合わせてリズムを変化させて弾いてください・・・   ○16音符をキッチリ合わそうとせずリズムをもっと大きく感じて弾いてください 以上は、ここ10数年自分で気づいた…

続きを読む

ギターにおける表現力とは-フレージングとアーティキュレーション

歌唱ではよく、「テクニックはあるけど歌唱力がねぇー」とか歌唱力が有る無しを問題にしますが、ギターにおける、この歌唱力に相当する力とは、どんな力なんでしょうか? 音の強弱、リズム、指のタッチ、トーン、フレージング様々な要素が考えられますが 今私が一番苦心しているのが、フレージングとアーティキュレーションです。 フレージング、アーティキュレーションとは意味をもった音符、歌詞の集まり、音の遷…

続きを読む

指板音痴を克服-6-最終回

指板音痴の克服の最終回です。 これまでのトレーニングで指板を見た時にミを中心としておおよそ次のようなイメージが描ければ効果ありです。 音のポジションを全てではないにしろミを中心して関連してフレットで接している音のイメージです。 今回はミを中心にして覚えていきましたが、音の関係はどの音を基準にしても変わらないので、別の音を基準にしても良いと思います。 あとは其々の音…

続きを読む

指板音痴を克服-5

A音ラとD音レの位置を覚えましょう。 例によって5弦の開放弦がラですので5弦12フレットはオクターブ上のラですね。 ラはミと上下の関係にありますが、前回に見たように上下の関係は3弦-2弦間だけシフトしています。 例えば基準としている5弦7フレットのミの上の4弦7フレットはラですが、3弦9フレットのミの上の2弦のラの位置は1フレットシフトした10フレットです。 ミと…

続きを読む

指板音痴を克服-4

今回はB音シとC音ドの位置を覚えましょう 先ず基点の5弦の7フレットのミを見つけてください。 前回までのトレーニングを十分にしていたら瞬時に分かるはずでが、探すのに迷って時間がかかったならまだ十分ではないのかもしれません。 6弦のシはその上の7フレットです。 1弦のシは同じく7フレット(開放弦が同じミなので配列は6弦と全く同じ) 5弦のシは4弦のミの上の2フレット 4弦のシは…

続きを読む

指板音痴を克服-3

今回はファ(F音)につてい指板の位置を覚えましょう。 第1回の時に考察したようにのミとファの半音関係は指板上では隣同士になりますのでミの位置がわかればファの位置はおのずとわかります。 先ずはミの位置を頼りにファを押さえてファ(F)と言いながら音を出してください何度も行ってすぐに音を見つけ出せるようになったらダイレクトにファを見つけてください、おそらくそれほど苦労しなくてもファを見つけられるは…

続きを読む

指板音痴を克服-2

前回6弦で音のルールと関係を見てみました、このように弦のに沿った関係を「横の関係」とします。 ビギーナの音のポジションを見つける際、先ず「ド」の位置を見つけるか覚えているポジションから目的の音へ辿ることが多いですが、この方法では、目的の音にたどり着くのに、時間がかかる上に一つ間違うと異った音にたどり着いてしまったりすることがあります。 「横の関係」を辿る方法はわかりやすいし音階をシフトする場…

続きを読む

指板音痴を克服-1

唐突ですが、ギターの適当なフレットをセーハした時の全ての音をすぐに言えますか、例えば6フレットの1弦から6弦までの音名をパッと答えられますか? 答えは6弦からシ-B♭、レ-D♯、ソ-G♯、ド-C♯、ファ-F、シ-B♭です。 あるいは五線譜に記されたコード記号が書いてない3つ以上の音が重なったコードをすぐに押さえれますか? これが出来る方はこのトレーニングは全く必要ありま…

続きを読む