2008年12月31日

2008年を振り返って

2008年も今日で終わりですね、ギターの練習の今年の総括と言いますか一年を振り返ってみますと前半は結構練習にとれる時間が多く(仕事が暇だった)後半はあまり練習が出来きなかったり、夏に落雷でモデムが壊れたりウィルスにPCがやられたしてブログの更新も休止しなくてはならなくなったりしましたが、その割には収穫はあったと感じています。

特にフラメンコギターを始めて2年以上たつのですが、練習が出来ない期間、海外のフラメンコショップから教則本や曲集を取り寄せ練習の糸口を探っていくうちに、色々とわかって来た事等があり此の一年で自分なりのこれからの練習の方法がだんだん出来てきたと感じています。

それらを簡単に書きますと・・・・

***************************

トラディショナルなタイプのものとモダンなタイプのものは、ギターのテクニックの面、コンパス等の音楽的な面からも違うところがある。
更に地域やギタリストによって一定のフォーム(型)があり、よく分析して自分の方向性を見つけるべきである。

トラディショナルな曲の多くは、コードの使用範囲が比較的限られていてコンパスがはっきりして掴み易く、右手のテクニックの習得に集中できるので先ずはトラディショナルな曲をじっくり練習するのがよい。

しかしトラディショナルな曲の練習だけでは左手のテクニックの習得には限界がありモダンなタイプの曲を弾くには複雑化したコードでポジョニングが難しくテクニック的な壁をなかなか乗り越えることができない。

モダンなタイプを弾きこなすには一層の左手のテクニックの向上を計らなければならない、それにはクラシックギターの曲の練習が非常に効果的であるが、最近モデンなタイプの曲を意識した「フラメンコ練習曲」のような左手のテクニックも重視した教材も出て来てとても効果的である。
しかしそのような曲は得てしてフラメンコ臭さというかアイレが感じられない「フラメンコファンタジー?」のような感じがする曲が多く、ありあまり傾倒しすぎるのも本末転倒な気がしないでも無いのであくまで練習曲と割り切って練習する。

コンパスはフラメンコの根幹なので、始めからコンパスと絡めた練習方法を取った方がよい----フラメンコメトロノームやコンパス音源との併用が効果的である。 

単にコンパスに合わせるのではなく自分自身の中にリズム(律動)が起き自然とコンパスと同調するようにならなければならない・・・

等々
***************************

2009年は以上の事を踏まえて練習に励みたいと思っています。

それでは皆様良いお年を。わーい(嬉しい顔)




posted by saintcat at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。