2010年12月27日

今年も残すところ数日・・・

今年も残すところ数日となりました
今日はとても寒く手がかじかんでギターを弾くにも指が動き難いし部屋の温度差で弦が安定せず冬はトレーニングには不向きな季節ですね

気がつけばこのプログを立ち上げた時が2006年の11月なのでもう4年が経ちます。
最初は、一時期仕事の関係で止めていた、もう上達は望めそうも無いクラシックギターで
もう一度基本に戻って分析的に練習方法を検討しようと思ったのがフログを始めたきっかけなのですが
我ながら良く続けられたなぁと思っています。

その間、途中でリズム感をつけるのと右手のテクニックの補助にフラメンコギターを始め、いつのまにかクラギがメインから
フラギがメインになってしまった観も有りますが、クラギも忘れない様にチョロとやっています。
その結果「目覚ましい上達」と迄は行かないけど一定の上達があったのは確かですが、上達とはけっして一直線でではなく、"ぉおっ"と上達することもあるしスランプもある、間違えていた事が後から分ったり、効果が薄いトレーニングで時間を浪費することもあり、スパイラルの様に或は山道をぐるっと回って昇るような物だと感じています。

それに加えもっとも大きな収穫は、自分自身が抱える問題点とそれを克服するトレーニング方法がある程度見えて来た事です。
後は「時間と汗の努力一筋!」
とはいっても時間は有限であるし流せる汗の量は限られているのですが・・・
*********************
今年の総括

今年の全体的テーマは、ギターの構えと左手のホジショニングの改良だたのですが、途中でJポップやドラマのテーマとかの編曲のソロをトレーニングするようにもなり、することが増えて大変です。
人前で演奏する機会は非常に少ないのですが、クラギやフラギの曲だけ弾いていると2、3曲でやはり飽きられるので、Jポップなどを挟むと良いのと感じたのとコードの使い方やリズムのトレーニングにもなるかもと思ったのです。

今年の最も大きなチャレンジはフラメンコの曲集をまるまる全部弾き通すという難行ですが、今の所は1/5程度は進んだでしょうか、来年も引き続きやって行こうと思います。
「Estudios de Guitarra flamenca Solos FlamencosVol-1/Vol-2」曲集完全踏破

******************
来年やりたい事

今迄その都度分った事や気がついたことを適当にブログに書き残してきたのですが、もう少し系統的にまとまったメソッド(そんなに大層な物では有りませんが)として紹介出来たらと考えています。

またサビカスやパコ・デ・ルシア、ビセンテ・アミーゴ等のマエストロの曲を取り上げて「巨匠に学ぶ」みたいなスタイルで新たな試みをしてみたいとも思っています。
posted by saintcat at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。