2011年02月14日

Malagena (Velez)

Malagena (Velez) マラゲーニャ ベレス

マラゲーニャとはマラガの古いファンダンゴに由来するフラメンコのパロを指すが、地域によって多少の違いが有る
ギター・ソロではトーケ・リブロに属し一般的に特定のコンパスに従わず自由に弾く部分と3拍子のコンパスで弾く部分がある。
此の曲でも自由な演奏で始まり3拍子のコンパスでしめる

副題のマラガ県の古い都市ベレスはマラガの中心部一帯を指すようで、地中海性気候の温暖で明るい雰囲気が此の曲調によく現れている
その地を訪れる事は叶わないが、せめてもベレス写真を眺めつつ弾くのも一興かも・・・

******************
セオリー

自由に弾くというのは一見簡単なようだが、実際は難しい、何れだけ自由なのかと言う事も有るが、先ずはその手の曲を沢山聴いて雰囲気を掴んでおく事が重要だと思う。

16分音符や32音符が多くみられるが、あまりそれに捕われずリラックスした雰囲気で歌う様に弾く、先ずは大きくフレーズでとらえその中でテンポを自由に弾くと良いようだ。
テクニックというよりメンタル面からのコントロールが重要だと言える

*******************
テクニック

特に難しいテクニックはないが前半はimと左指の技巧がやや要求される
音は鋭い音より、量感ある幾分柔らかいトーンが良いと思う

後半の3拍子のコンパスは速いのでpがもたつかない様にしなければならない

*************************

イントロは装飾音的トレモロが伴うストローク

2小節のアルペジオの終わりにArrastre(アラストレ)の表記があるがクラシックギターの場合アラストレはスライド奏法を指す事が多いので混乱するが、ここでは前に出て来た(確かレベル1のルンバ)a指を高音弦から低音弦に滑らせて弾く奏法を指す
a指の爪を少し(指を)立ててそのまま腕全体を引き上げる様にして弾くのがコツ



Touqe libre(in free time)の指示があるように拍子の表記が無く5線譜譜に小節線がないので最初は戸惑うかもしれないが、曲想とメロディーを追って見ればフレージングが見えて来る



8小節から装飾音的なハンマーオンやプルオフ、トリルがみられるが、速さや何回弾くかは自由
低音の音を出来る限りホールドしながらのハンマーオンやプルオフ、トリルは結構難しい



10小節から3拍子のコンパス
高音がメロディーで低音はベースだが、双方の織りなしで全体が進行するパターンなので、音のバランスに注意する、それぞれがハッキリ聞こえる様に
p-iの連続が速いので、特にpがバタつかないよう手首を安定させる




36小節のアルペジオからの短いピカードで一気にエンディングに入るが、ここも自由なテンポで余韻を持って終わる。
アルペジオからピカードに入る部分が少し難しい



posted by saintcat at 11:34| Comment(0) | 曲集完全踏破-備忘録_3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。