2011年02月14日

Granadinas(Albaicin)

Granadinas(Albaicin)グラナイーナ アルバイシン

グラナイーナとはグラナダに由来するファンダンゴで、前のマラゲーニャ同様トーケ・リブロに属する
ギター・ソロでは叙情的にメロディーをトレモロやアルペジオで弾く事が多く、ラスゲアードは殆ど使われずテクニック的にはクラシックギター的である
自由な曲想の部分と多少リズミックな部分が交互にあらわれる事が多い

副題のアルバイシンはグラナダの古い地区一帯を言う、ちょうどアルハンブラ宮殿から白壁の古風な家々が立ち並ぶアルバイシンの丘が見渡せる。

*************
セオリー

クラシックギター的といってもトーンやアイレはフラメンコで・・・

*************
テクニック

トリル

アルペジオ

スライド

*************

2小節のトリル様のスラーの連続は、何回弾くかは重要ではなく雰囲気優先で
それぞれの音を大切にコントラストをつけて




4小節の最後の方に音を滑らすスライド奏法は、貯めたり、抜いたり、方法は色々あるがこれも雰囲気優先



最後の4弦B音は量感を十分にもたせビブラートを効かせると効果的



5小節からアルペジオは高音のメロディーを浮き立たせる様にアポヤンドとアルアイレを使い分ける



拍子は無くフレージングを見つけ難いが3連符ではなく3/8拍子的で譜面を少し変えて見ると
Granadinas-3_1.jpg
・・・となるようだ

7小節2拍目は3連符なので注意

Toqe Libre (in Free time)とあるが、アルペジオ部分はあまり自由にひくより多少クラシック的にテンポを揺らすぐらいが良いと思う。

posted by saintcat at 12:02| Comment(0) | 曲集完全踏破-備忘録_3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。